ネットビジネスで稼げる副業を探すなら副業詐欺チェッカーで調べてからでも遅くない

副業詐欺チェッカー

特商法って何?

特定商取引法(特商法)とは、事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。

インターネット上でのネットビジネスのオファーは通信販売に該当し、特定商取引法の対象となります!

特定商取引を行う事業者は「特定商取引法に基づく表記」を掲載する義務があります。

この「特定商取引法に基づく表記」には、事業者名、連絡先、住所などの事業者情報や、返品についての掲載が求められています。

特に通信販売の場合は、提供事業者の顔が見えない状態での取引となるので、消費者へ適正な情報提供が求められます。

また、誇大広告や、顧客の同意なしでの申込み誘導も、特商法により禁止しています。

例えば、通常50万円のところ、今だけ5万円といったオファーがありますよね。

この場合、50万円は架空の価格設定である場合がほとんどなので、有利誤認表示に該当し、誇大広告扱いとなります。

ただし、これを詐欺と立証できなければ、事業者は行政指導を受けるだけで、消費者は騙されてそれを購入しても返金されることは難しいとされています。

ネットビジネスの世界では、誇大広告を掲載し、「特定商取引法に基づく表記」を掲載しない、あるいは内容を曖昧にしてオファーを行う悪質な事業者が後を絶ちません。

「特定商取引法に基づく表記」は、消費者が商品やサービスに対する信頼性を保つための重要な情報です。

・特商法が掲載されていない

・掲載されているが重要事項が記載されていない

・掲載されているが表現が曖昧

このような案件や商材には、くれぐれもご注意ください!

投稿日:

Copyright© 副業詐欺チェッカー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.